08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

四国の山案内 Fukuda

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

秘境探検 西の石門・天恵とは? 

今日は小豆島です。高速艇で草壁港に渡りました。

高速艇


草壁港から約3.5kmの道路歩きです。でも、小豆島と言えば島遍路です、退屈な道路歩きもこんな楽しみがあれば苦になりませんね。

本堂

本堂2

緩やかな尾根が火山角礫岩の大岩壁に突き当たるあたりが目的地です。

山

道路歩きが終わり、林道へと入ります。途中で尾根をつかまえると快適な冬の散歩道になります。やがて道は不明瞭になり傾斜も強くなります。大岩壁に突き当たりその基部を回り込み暗い谷筋を上がれば・・・。

石門1

これはっ!?

石門2

ついに到着です。歓喜のジャンプ!

石門3

寒霞渓の石門洞に引けを取らない姿です。人の手の及ばない場所でひっそりと・・・というイメージですが、戦前はなんと観光地だったそうです。
岩壁に閉ざされた谷は陽射しが届かないようで、小さな氷柱や真珠のような氷がありました。
人の通わなくなった道を枯葉が、苔が、土が覆い隠そうとしています。そんな中で西の石門は超然とあり続けています。

氷

ここでのんびりと過ごし気がつけばお昼をすぎていました。火山角礫岩に囲まれたこの場所で昼食を摂るのは、落石が怖いので移動します。

これはいったいなんだろう?風呂釜のようです。

風呂釜

もう少し進むと・・・!!!?

天恵

天恵?
ここは洞窟を壁で閉じて住居のようにしたててあります。かつての行場の痕跡です。
この少し奥に気持ちのいい場所をみつけて昼食です。
葉を落としたミズナラやアベマキの森です。冬の柔らかい日差しが眠気を誘います。たっぷり時間をかけてお弁当を食べました。食後に淹れるコーヒーの香りがたちのぼり、青い空に溶けていきました。

昼食

帰りはフェリーに乗船です。一時間の船旅は今日一日の出来事を振り返るのに格好の時間です。あまった行動食を持ち寄って、それぞれが得られた経験をいつまでも語り合うのでした。

フェリー
スポンサーサイト

category: レポート

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://459fukuda.blog.fc2.com/tb.php/9-e247f616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

月別アーカイブ

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。