09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

四国の山案内 Fukuda

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

7月6日東赤石山 

この山は雨が降るととてもやっかいですね。
滑りやすい木の橋や渡渉箇所が気になりましたが、沢が増水するほどの雨にはならないのでいってみることにしました。

今回は久しぶりに瀬場から登ることにします。登山口では小雨でした。これから樹林に入るのでレインウェアは必要ないでしょう。
IMG_0968higasiakaisiyamasebadanikara.jpg

八間滝の見える場所。
IMG_0972higasiakaisiyamahakkenndaki.jpg
よく茂った枝葉の隙間から見る豪快な滝。
余談ですが・・・徳島の鳴滝も滝身に茂る樹木の隙間に流れが見える美しい滝でしたが、何を思ったのかそれらを刈り払いむき出しにしてしまいましたよね。最初にその状態を見たとき土砂崩れか何か災害のあとかと思ったほどです。ちらっ、ちらり、ちらちら・・・っていう大人のあれがわからない、あれの発想ですな。
な~んてこと考えながら歩いていると右股分岐手前の橋にきていました。
IMG_0975higasiakaisiyamamigimatahidarimatabunnkihasi.jpg

幾重にも張り巡らされた葉にあたる雨の音が強くなったり弱くなったりしていますが、ぼくたちにとどく雨粒はごくわずかです。

暗い登山道がヤマツツジで飾られる。
IMG_0977higasiakaisiyamayamatutujinomiti.jpg
最初の渡渉点の前でかなり雨脚が強まってきました。滑りやすい岩と木の橋が続きますが、とにかくいけるとこまで行こうということで意見が一致しました。
IMG_0988higaisiakaisiyamasawazoinomiti.jpg

樹木が低くなり、足元の岩が赤くなってきました。涸れた沢を登山道が横切るともう赤石山荘は目の前です。赤い岩のあちこちにシライトソウが目立つようになりました。森が開け明るくなるとそこにはタカネバラが群生していました!
IMG_1000higasiakaisiyamatakanebanosatuei.jpg
雨の中で盛り上がっちゃってます!

タカネバラ
IMG_1003higasiakaisiyamatakanebarayokogao.jpg

シライトソウ
IMG_1015higasiakaisiyamasiraitosou.jpg

オオヤマレンゲ
IMG_1013higasiakaisiyamaooyamarennge.jpg

イヨノミツバイワガサ
IMG_1009higasiakaisiyamaiyonomitubaiwagasa.jpg

咲き誇る花たちに心奪われて全く前に進みませんでしたが、なんとか赤石山荘に到着です。
IMG_1021higasiakaisiyamaakaisisannsou.jpg
赤石山荘は入口を開放してくれていました。こんな天気の日は本当に助かりますよね。

このとき他のグループの方から「あのピンクのばらはタカネバラですか?それともタカネバラですか?」と質問されました。図鑑などでは「タカネバラ」となっていたのでタカネバラですよと答えたら、そのグループのリーダーから「タカネバラだよっ!っていれなきゃいけないんだよっ!」と強い口調で言われました。あまりに強い口調なので「あーそうなんですか、スミマセ~ン」とへたれなぼくは謝ってしまいました。でも家に帰って確認するとやっぱり「タカネバラ」、「別名タカネバラ」となっていました・・・。なんだよぉ「タカネバラ」でいいんじゃんかよぉ、ぷんすかぷんすか。

八巻山方面の岩稜の一部が見え隠れしています。
IMG_1029higasiakaisiyamagannryougamieta.jpg
ここで昼食を済ませてレインウェアを着ました。タカネバラを見てかなり満足しているようで、もう下山したいなぁ・・・なんて雰囲気を醸しだしている人も半分ほどいましたが、気付かないふりをして東赤石の山頂をめざします。雨さえなければ八巻山直登で周回したかったのですが、今回はやめておきました。

歩き始めるとまた多くの花が迎えてくれます。
ピンボケのイワキンバイ・・・。
IMG_1032higasiakaisiyamaiwakinnbai.jpg

オオバギボウシかな、シコクギボウシではありません。
IMG_1051higasiakaisiyamasikokugibousi.jpg

どこまでいってもタカネバラ。
IMG_1041higasiakaisiyamatakanebarausirosugata.jpg

シモツケソウはまだ蕾。
IMG_1046higasiakaisiyamasimotuketubomi.jpg

岩の隙間にユキワリソウ!
IMG_1054higasiakaisiyamayukiwarisou.jpg

てんこ盛りで咲いています♪
IMG_1042higasiakaisiyamatakanebaragunnsei.jpg

ヒメコブトリハダゴケ
IMG_1047higasiakaisiyamahimekobutorihadadake.jpg
誰かに教えられてずいぶん長い間ミヤマハナゴケと呼んでいましたが、たまたま調べてみたところ「ヒメコブトリハダゴケ」だということがわかりました。教わったことを鵜呑みにするのはよくないなぁ・・・ちゃんと調べなきゃいけないなぁ・・・と反省です。

雨は益々強くなる・・・でも知らんぷり・・・。
IMG_1063higasiakaisiyamaza-za-burinonaka.jpg
このあたりになるともうお花マジックも通用しませんが、みんながんばってついてきてくれます。
面倒な岩場を越えてやっと山頂です!でも雨が強すぎてカメラを片付けてしまいました~。
その後、三角点も往復して、滑る木の橋で寿命を2~3年削って下山しました・・・。
疲労を浮かべつつも達成感をにじませるみんなの顔を見ると削れた寿命がまた戻ってきたように思うのはやはり気のせいなのでしょうか・・・。

めでたしめでたし。
スポンサーサイト

category: レポート

cm 2   tb 0   page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2015/06/07 18:36] edit

Re: タイトルなし

はじめまして!コメントありがとうございます!
ぼくも教えられたままずっと鵜呑みにしてそう呼んでいたのですが、ほかごとを調べていて偶然これを見つけました
すべてに好奇心と疑問を持つことを忘れないようにしなくてはいけないなぁ、と感じる出来事でした
ハードルートを歩かれたんですね
やりがいもさることながら、花も展望も素晴らしいルートですよね
またこのブログに遊びに来てください
よろしくお願いします
四国の山案内fukuda #- URL [2015/06/08 11:36] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://459fukuda.blog.fc2.com/tb.php/41-0ec7ceff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

月別アーカイブ

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。