10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

四国の山案内 Fukuda

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

1月28日 残り270mの懊悩煩悶 剣山~次郎笈 

ずいぶんと鮮度の戻ったブログ、洗濯日和のこんな日をいかがお過ごしですか?ぼくは洗濯をしています。

今回の山行は剣山~次郎笈です。
1月14日から二週間ぶりの再訪です。
あのときよりも積雪量は増えていますが、ここ数日の天候で雪はしまりトレースもしっかりしているでしょう。
turugi.jpg
<屋根から氷化した雪が滑っています、危険なので軒下は気をつけましょう>

でも、私たちは夏道ではなく尾根の直登ルートを選択しました。
樹林帯とはいえ小さいながらいくつもの谷筋を横切ることに抵抗を感じる臆病者なので・・・。
turugi1.jpg
祖霊殿の脇から明瞭な尾根をとらえます。
turugi2.jpg
急登が続きますが、1639.4Pまでです。
turugi3.jpg
NHKのアンテナ?が見えるころからなだらかな地形になります。
turugi4.jpg
なだらかな地形のまま西島駅の東側に差し掛かるとかなりの規模の建造物があります。
もうすでに廃屋と化していますが、数十年前にパークランドという観光施設があったようです。
丸石パークランドと関係があるのかはよくわかりませんが、今後調べてみたいと思います。
turugi5.jpg
<西島駅付近からの塔ノ丸>

turugi6.jpg
<西島駅の上から塔ノ丸、三嶺、矢筈山系を背負って>

turugi7.jpg
<雪煙が舞う>

turugi8.jpg
<ゴーグルの外と内と>

turugi9.jpg
<白骨樹幾星霜>

turugi10.jpg
尾根上のまま雲海荘へと抜けて木道へ。

turugi11.jpg
山頂ではモンベル高松店の方たちが面白そうな遊びに興じてました。
エアーボード?というものでしょうか?
ただ真直ぐ滑るだけではなく底に着けられた樹脂製のエッジで、ある程度のターンもできるようですね。
なおかつインフレータブルなので携帯性もよさそうです。
面積が広く浮力もありそうなので、柔らかな雪面でもいい感じに滑りそうです。
私モンベルの回し者ではございません。

いよいよ次郎笈へ向かいます。
turugi12.jpg
風は収まり気温がかなり上昇しています。
雪面はまだ良くしまっており歩きやすいです。

turugi13.jpg
下山時にうんざりするとも知らないで意気揚々と下ってくるみなさん・・・。

turugi14.jpg
夏道の登山道とは違うラインです。稜線上を雪庇や雪崩の発生点を作らないように進みます。

turugi15.jpg
大きな雪庇はありませんが、おとっちゃま(こわがり)の私は極度に慎重になってしまいます。

turugi16.jpg
次郎笈峠手前の1791Pあたりでしょうか、次郎笈が大きく迫ってきました。

turugi17.jpg
サンクラストが怪しく輝きます。

turugi18.jpg
小さな雪庇が連続します。雪が重くなってきました。

turugi19.jpg
次郎笈への登り返しが始まります。とても暑くてのどが渇きます。

turugi20.jpg
美しい三嶺が今日は一際尖って見えます。

turugi21.jpg
次郎笈トラバース分岐から数百メートル上がったところで今回の山行をやめることにしました。
時間的には山頂までいけますが、丸石への縦走路分岐までの急登とそれを挟む両斜面のことを考えて懊悩煩悶でした。
残りの距離はわずか270mほど・・・。
私の説明を素直に聞き入れてくれるメンバーに心から感謝します。

turugi22.jpg
turugi23.jpg
turugi24.jpg
下山は西島駅から夏道を通ってみました。
トレースはしっかりしているものの、私にはちょっと考えてしまうものがありました。
スポンサーサイト

category: レポート

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://459fukuda.blog.fc2.com/tb.php/18-d34c272c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

月別アーカイブ

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。