08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

四国の山案内 Fukuda

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

1月25日 風呂塔を蹂躙せよ、個性派たちの悪ふざけ 

ショッキングなタイトルで読む人の心を掴もうとするマスメディアの手法をもってしても、未だに鮮度不足をいがめないレポートが始まりました。

今回は風呂塔です。

ひらがなで書くと「ふろんとう」。柔らかな感じです。
カタカナで書くと「フロントウ」。硬い感じですが、「トウフ」とカタカナで書いても硬くなるので、それは風呂塔のイメージではなくカタカナのイメージなのでしょう。

では、はじまりまじまり。
まずはメンバー紹介です。
furo.jpg
左から最近良く登場するDVバナナちゃん、エレガントなファッションのうわっつらちゃん、何故か不敵な笑みのドMちゃん、サポートのキトちゃんです
若いメンバーです。4名の年齢の合計が150歳を越えません!

furo1.jpg
まずはそれっぽい写真です。
山ガール達が雪まくりを手にしてはしゃぐイメージですね。

furo3.jpg
<撮影キト>
他にも雪面に美しい縞模様を落とす木の幹の影とか、スノーシューのレクチャーの風景とかありましたが、全部省略、省略!
その訳は後ほど・・・。

furo4.jpg
<撮影キト>
長い林道歩きで腹ペコです。
説明が前後しますが、冬の風呂塔はどこまで車が入れるかでずいぶん運動強度が変わってしまうのです。
今回は桟敷峠からでした。
たくさん歩くってことです。
furo5.jpg
などと説明している間に野菜たっぷりラーメンの出来上がり。
みんなに食べてもらいました。

furo6.jpg
お腹も膨れたので自然と遊びに移行していきます。
若いって素晴らしい!とかいいながら年配の参加者もなかなかのやんちゃっぷりを発揮していますが・・・。
furo7.jpg
あははは~あははは~って感じですか?あってますか?

furo8.jpg
今度は雪だるまを作り始めましたよ。
雪山にきていつも思うのですが、こういう場面設定でジェネレーションギャップは取り払われてしまいます。
会社の上下関係、嫁姑問題、ご近所トラブルなどの解決に一役買いそうです。

furo9.jpg
そして完成し雄叫びを上げるDVバナナちゃん・・・その雪だるま・・・ぐだぐだですが・・・。

一方、ドMちゃんは・・・
furo10.jpg
美しいシェイプの雪だるまを完成させていた!

furo11.jpg
完成度に開きはあるものの小道具でごまかせばどちらもなかなかの出来映えですね。

furo12.jpg
それは仲良く記念撮影です~、とそのとき!?
furo13.jpg
ドMちゃんが不審な動きを見せたのだ!
furo14.jpg
ぐだぐだ雪だるまを殴りつけるドMちゃん。
furo15.jpg
噛み付き攻撃(白目なので自主規制、彼氏募集中、詳しくはwebで)
furo16.jpg
そして猪木イズムを継承するコブラツイスト!
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
取り乱しましたが、いつの間にか山頂です。
furo17.jpg
山ガールらしくかわいいポーズで・・・しかし、ここでもあの人が!
furo18.jpg

furo19.jpg
それは武藤さんじゃないですか!
furo20.jpg
むむむ?武藤からの?
furo21.jpg
もはや誰かさえもわかりませんが、リサイタルといえばジャイアンとこの人ということは間違いないでしょう。
furo22.jpg
ワーワーワー、パチパチパチ~
会場が一体となってのカーテンコールの中、下山が始まります。

furo23.jpg
ショートカットでまっさらな雪を蹴散らす!

furo24.jpg
お尻で滑っても楽しい♪

furo25.jpg
いまさらおすまししても無駄だとは思いますが・・・とりあえず。

帰路は長い林道歩きをやめて桟敷峠に一直線に延びる尾根を拾って華麗に下山完了!
furo26.jpg
一口に登山と言ってもスタイルはいろいろです。
ストイックなものもあれば、底抜けに楽しいものもあります。
汗と筋肉痛が達成感の目盛りになることもあれば、笑いすぎによる腹筋の引きつり具合が目盛りになることも。
彼女達の笑顔は最高でした。
そして腹筋の引きつりは過去最大のものでありましたとさ。

スポンサーサイト

category: レポート

cm 2   tb 0   page top

コメント

なんだか知りませんが、

ちょっと怖い…。(笑)
ミツル #- URL [2014/01/31 06:54] edit

いやいや、感想としては間違っていませんよ。
ぼくは登山中ずっと恐怖に苛まれていました。
若さというより狂気に支配されているようでした。
近いうちにこのままのセットで岳人の森を蹂躙しに行きます。
要覚悟。
fukuda #- URL [2014/01/31 16:01] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://459fukuda.blog.fc2.com/tb.php/15-68bcec9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

月別アーカイブ

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。