05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

四国の山案内 Fukuda

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ほ・た・る てて 

うちの子供は走るのがとても好きだ。
だからといって運動神経がいいと言っているのではない。
手足の振りのタイミングはばらばらだし、足も高く上がっていない。
それでも走るのが好きなのだ。
自分から溢れ出すエネルギーと競い合っているのか、一人で「よーいどん!」とスタートを切る。

「また蛍が見たい」と妻が言った。
ちょうど梅雨の晴れ間、今晩がちょうどいい。

夕方に保育所から電話がかかる。
子供が怪我をした。

子供とは病院で待ち合わせをした。
保育士の方が子供を連れてきてくれた。
上唇が痛々しく腫れ上がっていた。

幸い歯には異常はなくて、唇にできた傷の処置だけですんだ。
いつものようによーいどん!と走り出したとたんに足をもつらせて転倒。
顔からコンクリートに激突したらしい。
妻も合流するころには、子供の機嫌も直っていた。

草木の葉の裏で明滅を繰り返していた蛍は、何をきっかけにしているのかわからないが、いっせいに飛び立つ。
そのうちの一匹を捕まえて子供の手のひらにのせる。
これが蛍なんだよと教えると小さな声でほ・た・るとつぶやく。
子供の手のひらの上を右往左往していた蛍は、一瞬動きを止めたあと飛び立った。

子供がてて・ててとうったえる。
もう一度捕まえて手のひらにのせた。

IMG_5916hotarukazokude.jpg
スポンサーサイト

category: 日常

cm 0   tb 0   page top

5月31日 樫戸丸 

梅雨ですね。
ちゃんと雨が降ってる。

IMG_5594kasidomarusuitekiniuturumori.jpg

この日の山行は、川成峠から樫戸丸を登り、風の広場へと下山して、スーパー林道を帰ってくるという企画です。
霧雨の舞う日でしたが、昼前には回復して晴れ間も見えるんじゃないかなぁ、なんて期待の持てる天気図でした。

IMG_5627kasidomarukirinonakanitatazumutakahasi.jpg

なんとこの日はなんとかマウンテンマラソンという、ちゃんとした感じのトレイルランニングの大会が行われていました。
川成峠に車を置いても邪魔にならないか問い合わせてから出発です。

IMG_5634kasidomarutannnasawafutaginanokana.jpg

歩き始めたものの、まったく天気の回復する気配が見えません。
濃密な霧の中に浮かび上がる樹木たちは魅力的ですが、年々荒れていく林床にはバイケイソウとシコクブシばかりが目立ちます。

IMG_5640kasidomaruyamabousimidorimidori.jpg

て言ってる間に下山してしまいました。
途中のオオヤマレンゲの自生地も気がついたら通り越していました・・・。

スーパー林道を歩き始めると、復路のランナーたちが霧の中からいきなり現れるのでびっくりします。
まずはざっざっざっと足音だけが耳に届き、霧に影が映ったと思った直後、いきなりランナーの姿になります。
一人目のランナーを見たときは腰を抜かしそうになりました。
どのランナーもつわもののようで、スーパー林道をなにくわぬ顔で駆け抜けていくのでした。

ぼくたちはそのまま岳人の森へと移動です。
まずは腹ごしらえ。

IMG_5645kasidomarusobasettonohamo.jpg

そしてベニバナヤマシャクヤクが見頃という植物園を散策です。
IMG_5654kasidomarugakujinnbenibanayamashakuyaku.jpg

植物園の創始者であるお父さんが、少し園内の案内をしてくれました。
IMG_5658kasidomarugakujinotoosann.jpg
息子さんである料理長と同様にお話がとてもおもしろいのです!
おもしろい話の中に、自然に関わるためのヒントをちりばめてくれるのです。

まずはジンリョウユリがお出迎えです。
IMG_5647kasidomarugakujinnjinnryouyuri.jpg

ヒメシャガは結実していました。
IMG_5675kasidomarugakujinnhimeshagaowarinohjmari.jpg

ヒメシャガの葉。
IMG_5670kasidomarugakujinnsougenntokasuhimeshaga.jpg

美しい岩と苔。
IMG_5671kasidomarugakujinnhanadakejanai.jpg

雨上がりの植物園。
IMG_5680kasidomarugakujinnkiramekusuiteki.jpg
美しいものは花だけじゃないのです。
調和の取れた空間そのものが美しいのです。

リズムよく咲くベニバナヤマシャクヤク。
IMG_5692kasidomarugakujinnbenibanayamashakuyakufunnwari.jpg

崩れ去る姿さえ美しく、神々しい。
IMG_5717kasidomarugakujinnbenibanayamashakuyakukuzureru.jpg

ああ、またやられてしまった・・・。
ぼく達は抗うことができないのです。
この遊び人ホイホイから逃れることなんて無理なのです。

category: レポート

cm 0   tb 0   page top

ほたる 

この情報は新鮮!
昨日のことなのです
今年の香川の蛍はではじめが早かったので、終わるのも早いかと思われましたが、まだまだいけそうですね
ゆうさんとゆっくり撮影を楽しみました。
今回はむつごいくらいのレイヤーで見栄を張る
やりすぎか・・・
hotarurennshuuokasanntoanobashode.jpg

category: 日常

cm 0   tb 0   page top

5月10日 猿政山 

最近よく昔のことを思い出します。
小さなころ、暑い夏の日にアスファルトが溶けて、靴底がねちょねちょになったことや、線路が熱で伸びてしまい、電車が止まってしまったことを、この数日の猛暑日にふと思い出したりします。
ずいぶん昔のことを鮮明に思い出したりするのに、なぜか直近の記憶は曖昧になるばかり・・・。
さあ、僕とそんな思い出の旅に出ませんか。

こんにちは、通称「思い出話の部屋」と呼ばれるブログ、fukudaです。
ついこのあいだ岳人の森へ言ったときに、料理が玄人裸足の職漁師のお兄ちゃんに、滴り落ちる悪意を隠しきれない様子でそう呼ばれました。

毎回このような感じで始まりますが、忙しい皆さんはごっそり読み飛ばしてもらって結構です。
IMG_4737sarumasayamasannkayouhaurakara.jpg
さて猿政山。
fukudaでは初めての山です。
こんなオーダーは決まってNTさんですね。ということはDTさんもやってくる。そしてここに写真好きのゆうさんも加わりました。
IMG_4857sarumasayamanotarumisann.jpg
「ブナの森を満喫するDTさん」

この山行の詳細はゆうさんのブログでお楽しみください!と誘導したので、こちらではだらだらっと写真を垂れ流し方式でいきます。
それではれっつらごん~!

猿政山について簡単に説明すると「広島県、島根県境にある山で、出だしからうんざりする林道をひたすら歩いてやっと登山口に着いたと思ったら、けっこう危険な急登をぐいぐい登らされてひやひやするけど、やたらと花が多くてウハウハ言っちゃうので気がつけば山頂♪なんだけど、下山のときに急なくだりを見て憂鬱になっちゃって、登りの時ほど花を見るような余裕がなくて、登りではうんざりした林道でほっとするけど、結局はうんざりしてしまうにもかかわらず、あぁまた来たいなぁ・・・なんて思わせる山。」なのです。

ではいろんな花をどうぞ。
ヤグルマソウ。
IMG_4666sarumasayamayagurumasounoha.jpg
いきなり葉っぱでした・・・すみません。

エンレイソウ
IMG_4672sarumasayamaennreisouhana.jpg
まあ、花ですよね。

ツクバネソウ。
IMG_4689sarumasayamatukubanesoukage.jpg
これ影ですね・・・。

ルイヨウボタン。
IMG_4676sarumasayamaruiyoubotannhana.jpg
地味ですね、しかも後姿です。

イカリソウ。
IMG_4680sarumasayamaikarisou.jpg
やっときました、花っぽいです。

ブナの森も美しい。
IMG_4717sarumasayamabunakodati.jpg
少しだけある穏やかな地形は心休まります。

フデリンドウ。
IMG_4867sarumasayamarinnshounofuderinndou.jpg

チゴユリ。
IMG_4870sarumasayamatigoyuriutumuku.jpg

ラショウモンカズラ。
IMG_4878sarumasayamarashoumonnkazura.jpg

タチカメバソウ。
IMG_4744sarumasayamatatikamebasou.jpg

ハウチワカエデ。
IMG_4722sarumasayamahautiwakaedehanakana.jpg

なんと日中なのにムササビに出会えました!
IMG_4704sarumasayamamusasabi.jpg
子供のころは好奇心旺盛で昼間にうろうろしたりすることもあるそうです。

オオカメノキ。
IMG_4815sarumasayamaookamenokihanawosukasu.jpg

クロモジ。
IMG_4822sarumasayamakuromojinohanagarasunoyou.jpg

ツノハシバミだろうか。
IMG_4823sarumasayamatunohasibamidarouka.jpg

イワカガミ。
IMG_4855sarumasayamaiwakagamisaku.jpg
IMG_4811sarumasayamaiwakagamitubomi.jpg
まだ蕾のものが多かった。

あれ山頂だ。
IMG_4843sarumasayamasannkashanominasann.jpg

ヤマブキショウマ?
IMG_4896sarumasayamananntokashouma.jpg

コバノガマズミ?
IMG_4886sarumasayamakobanogamazumi.jpg

タニウツギは蕾。
IMG_4880sarumasayamataniutuginotubomi.jpg

ナナカマドも蕾。
IMG_4845sarumasayamananakamadotubomi.jpg

ツリバナ。
IMG_4911sarumasayamaturibana.jpg

危険箇所の写真は撮っていません・・・この爽やかな風景にだまされないでください。
IMG_4850sarumasayamabunanomoriwoikuhitotati.jpg

コケイラン。
IMG_4913sarumasayamakokeirannpinnboke.jpg

ニワハンミョウ。
IMG_4929sarumasayamananntokahannmyou.jpg

そして、サンカヨウ!これを見に来たのでした♪
IMG_4786sarumasayamasannkayouhanositade.jpg
IMG_4766sarumasayamasannkayoutokonnchuu.jpg
IMG_4749sarumasayamatatikamebasoutokonnchuu.jpg
IMG_4797sarumasayamasannkayoutookuwomiru.jpg

だらだらと写真のみの記事につきあっていただきありがとうございました!
IMG_4882sarumasayamarinndounofuki.jpg
とても思い出深い山になりました。
また来年!   行くかどうかはわかりませんが・・・。

なんていってみたものの、この蕎麦食べたさにまたいくんだろうなぁ。
IMG_4937sarumasayamaseichouannnosoba.jpg
めでたしめでたし。

category: レポート

cm 2   tb 0   page top

プロフィール

月別アーカイブ

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。